2013年07月25日

昨日の調査の中で感じたこと・・・

おはようございます
今朝は少し曇っていますが、相変わらず蒸し暑い・・・
今日からまた一週間が始まりした
今週も土曜日に契約が予定されているのでバタバタと忙しい
一週間となりそうです
昨日、お休みなのに物件調査のために役所関係を回っていた
んですが、その中で物件マンションの前面道路がたまたま国
道だったんで、国土交通省の出先機関に行かなければなりま
せんでした。
不動産の取引ですから、接道状況は重要です
調べたい項目は、路線番号・名称、認定幅員と道路台帳の写
しの交付なんですが・・・・
まずはその国土交通省の出先機関に入ったら、受付カウンタ
ーにおじさんがいて何かやっていたんです
僕が
「すいませーん」と言っても挨拶もしません、さすが公務員
もう一度カウンター越に「すいませーん」と叫ぶと女性スタ
ッフが対応に来ましたよ
物件の住所を伝えて国道についてお尋ねしたいと伝えるとそ
の女性職員は道路台帳を持って来て当該物件が記載されてい
るページを開けました、ここから通常の役所と違ってくるの
であります
まずは国道においては「認定幅員」という概念はなく、台帳
上からスケールアップした幅員を言われて、正確な幅員を知
りたければ現場でメジャーで測ればと言う・・・・・
えっー
片側2車線、両方向4車線の約40m幅員の国道を自分でメ
ジャーを持って走れって言うの?
でも言っているこの女性職員は真剣だ・・・・・えっー
ありえない
次にこの道路台帳の写しを交付してくださいと言うと、この
女性職員は
「不動産の取引、鑑定という理由では写しの交付はできませ
ん」と言う、なら何の理由ならこの台帳のたかだかA4一枚
のコピーをもらえるの・・・・・
ありえない、そしてこの女性職員は
「デジカメでこのページを撮影したり、薄い紙にトレースす
ることは許可されています」と言う・・・・
もういいよ、大体の役所の道路管理課に行ったら、ふつうに
道路台帳はコピーもらえますよ
何だこの国土交通省の出先機関の姿勢は・・・・・・
やっぱり公務員体質バリバリだったなぁ・・・・

人気ブログランキングへ
































posted by ドン詰まり太郎 at 07:59| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: