2010年12月20日

69歳のお兄さんお引越し

おはようございます。

今朝もそんなに冷え込みは厳しくありませんね。

昨日は、先月契約が完了している69歳のお兄さんの
引渡し立会いと、若干残っている荷物を今度の引越し
先のアパートに運んで来ました。

残金決済は今度の金曜日24日に予定しています。

残金決済を執り行うということは、当然に売主様は
その日までに引越しを完了させ、当日、残金の受領と
引き換えに家の鍵を渡すということです。

残金を受け取る「権利」があると同時に、家の鍵を
渡すという「義務」が売主様にはあります。

こういった同列の「権利」と「義務」がある契約を
双務契約と言います。

従って、69歳のお兄さんは24日の残金決済を控え
て先日、付近の風呂なしアパートに引越しし基本的に
は、売却したマンションの室内が空き部屋になったた

め、その旨を買主様にも確認していただくため昨日
お部屋に来ていただき、「引渡し立会い」を実施し
ました。

折角、親から貰ったマンションに普通に暮らしてい
れば、月額管理費と月額修繕積立金だけ支払ってこ
れからも住み続けられることが出来たのに・・・

競馬等のギャンブル好きから、カードローンが膨らみ
とうとうこのマンションを売却しなくてはならなく
なりました。

69歳で分譲マンションを引き払い、木造の築年数
の古い風呂なしのアパートに移り住む心境は
どんなものなのでしょうか・・・

ダンボール箱4個位を軽自動車の後部座席に乗せて
助手席にお兄さんを乗せて、引越し先のアパートに
行くまで、道すがら


「お兄さん、近くに銭湯はあるんですか?」

お兄さん
「はい、歩いて5分位かな、でも高くてとても毎日
は行けないね」


「やっとここまできましたね」

お兄さん
「えぇ、借金が無くなるから気持ち的には楽になり
ました」

売却したマンションから車で5、6分のところに
引越し先のアパートがありました。

この寒空の中、69歳のお兄さんは、風呂なしアパート
に引越しました。

来年の夏ごろに今の仕事も切られるそうです。

その後は、生活保護等の申請でもしないと家賃が
支払えなくなると思います。

ギャンブルさえしなければ・・・

あのマンションで新年を迎えることができたのに。

車からダンボールを降ろしながら寂しい気持ちに
なった昨日でした。

お兄さんの残金決済日は24日(金)です。






僕の通販専門ページです。よろしくお願いします。
ご来店お待ち申し上げております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://shop.moshimo.com/morishoukai/

人気ブログランキングへ
posted by ドン詰まり太郎 at 09:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする