2010年07月10日

今日いよいよ室内拝見

おはようございます。

今朝は青空になりましたね、昨晩、雨の中、無理して自転車で帰ってよかったです。

今日は30度越えるらしいですよ。

今日は午後2時から、あるお客様のお家の中を拝見する約束になっているのです。

依頼の内容は、平成15年に中古マンションをご購入していただきました僕のお客様から
数ヶ月前にご連絡をいただき、お父様の戸建てを売却してもらいたいとのことでした。

その方のお父様は現在、認知症で病院に入院されておられるようで、お父様名義の戸建てが都内にあり、今は誰もお住まいになっていないそうであります。

しかし、その不動産には抵当権が設定されており、誰も住んでいないのに、毎月住宅ローン
のみが引き落とされている状態なので、売却してローンを一括繰上げ返済してしまいたい。

さてさて問題は、登記名義人であるお父様が認知症なので、このままだと売却するという意思確認が出来ないため、売却活動に入れません。

その他の財産の処分のためにも、数ヶ月前から家庭裁判所に「成年後見人」の申請をして
いました。

僕のお客様がお父様の成年後見人に選任されれば、今後のお父様の財産に関する管理・処分
等はお父様に成り代わって息子さんであるお客様が裁判所の許可のもと、可能となります。

お父様の所有のその戸建ては、築まだ15年なんですが、お客様は僕に言うんです。

「とてもじゃありませんが、建物は使えませんよ、建物を取り壊して土地としてでは
ないと売れないと思います」

僕も先日、外観だけ見に行って来ましたけれど、そうは感じませんでした。

そこで、成年後見人の判決受理の前ではありますが、建物の室内を見せていただけませんか
とお願いしたところ、快く今日の午後2時に鍵を持って現地に来ていただくこととなりました。

はたして、そんなに言う建物の室内はどんな状況になっているのでしょうか。

どうなることやら。






僕の通販専門ページです。よろしくお願いします。
ご来店お待ち申し上げております。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://shop.moshimo.com/morishoukai/

人気ブログランキングへ


posted by ドン詰まり太郎 at 08:34| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする